古典柄の振袖ってどんな感じなの?コーディネートのポイントも知って素敵に振袖を着こなそう!

 振袖には色や柄、デザインなど様々あり、

たくさんの種類があります。

そんな中でも定番なのは、古典柄の振袖で、

振袖レンタルでも人気の柄です。

日本の古き良き伝統のある古典柄は、

流行り廃りがなく、長く親しまれています

年代によって、人気のデザインなどはありますが、

柄そのものは流行に左右されないので、

お母様が成人式のときに着た振袖を、

お嬢様が自分の成人式のときに着ることもできます

古典柄の振袖の中でも一番多い柄は、

「吉祥文様」という、

縁起が良くておめでたい柄です。

柄の一つ一つに意味が込められており、

振袖を着られるお嬢様への愛情も込められています。

今回は、そんな素敵な古典柄の振袖を

紹介するとともに、

コーディネートのポイントも解説していきます!

迫力ある熨斗の柄が圧巻の振袖

上下に大きく描かれた熨斗の柄が

印象的なこちらの振袖。

紺地に格式ある古典柄が映えます。

熨斗以外にも中央には貝桶や梅、

また、熨斗の中にも菊や七宝、蝶などの

縁起の良い柄がたくさん描かれています

熨斗は長寿、

菊は邪気を払う縁起の良い花、

七宝は円満・調和、

など柄それぞれにきちんと意味が込められています

コーディネートのポイントは?

ここからは、そんなこちらの振袖を

コーディネートしていく上でのポイントを

お伝えしていきます


熨斗柄が印象的なこちらの振袖は、

柄が多く華やかな印象です。

カラフルな刺繡衿に三重重ね衿を合わせ、

華やかにしていますが、

帯締めは振袖と同じ紺色、

帯揚げを白にし、すっきりとさせることで、

全体のコーディネートが

ごちゃっとした印象にならないように

バランスを取っています。

絞りの模様が格式高い振袖

絞り模様に辻が花、鹿の子模様など

縁起の良い柄がふんだんに使われた古典振袖。

絞り模様とは、布の一部をつまみ、糸でくくって、

その部分に染色液が侵入しないように、

染める絞り染めにおいて、

そのくくった糸をほどくとできている、

染まっていない部分のことをいいます。

絞り染めは奈良時代から

すでに行われていた伝統ある技法です

辻が花は、絞り染めを基調に、

描き絵や刺繍などが併用されたものをいいます。

こちらも伝統技法を用いており、

格式高さがあります。

鹿の子模様は、神の使いである鹿から名づけられており、

子孫繁栄の意味があります。

古典柄とともに伝統技法を用いた

格式高い振袖です

コーディネートのポイントは?

オレンジやピンクなどの、振袖に

使われている色から小物の色を選んでいます。

そうすることで、振袖の持つ豪華な雰囲気を壊さず、

コーディネートに統一感が生まれます

優しい色の小物でコーディネートすることで、

シックになりすぎません。

ゴールドの帯や赤色の小物を合わせると、

大人っぽくなりますよ

まとめ

古くから親しまれてきた古典柄を用いた振袖は、

上品さや格式高さがあり、人気の振袖です。

古典柄の振袖には流行り廃りがないのも人気のポイントです!

柄の一つ一つに意味の込められた

「吉祥文様」には、

振袖を着られるお嬢様への

愛情も込められています。

そんな振袖を着て成人式に

出席出来たら素敵ですよね



本きもの松葉では、古典柄の振袖を

たくさんご用意しておりますので、

古典柄の振袖が気になった方は、

ぜひ、お近くの店舗までお越し下さい!


※本記事で紹介いたしました振袖は、2023年(再来年)ご成人の方限定の特別振袖です。
2022年(来年)ご成人のお嬢様のためのお振袖も多数ございますので、
ぜひ、お気軽にご試着しにご来店ください。
▼現在開催中のイベントはこちら!


▼プランをみる

 レンタル    購入    ママ振袖 

▼振袖をみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

振袖レンタル・販売取扱店舗一覧

大阪の振袖屋「本きもの松葉」では振袖レンタル・販売にご対応しております。各店舗をエリアごとに紹介します。

※クリックで振袖取扱店舗詳細ページが開きます。
レンタル振袖・振袖の購入を考えている方はお気軽にお近くの店舗または下のボタンからお問い合わせ下さい。