レトロ古典の振袖を可愛くコーディネートするポイントは?レトロ可愛いコーデの振袖をレンタルしよう!

振袖のコーディネートって難しいですよね。
今は色んなアレンジをされる方が
増えてきたので、コーディネートの
幅も広がり、正解のない分
難しく感じるかもしれません。
そこで、振袖のテイスト別にコーディネートの
ポイントをお伝えしていければと思います

これから振袖を選ばれる方は、
ぜひ、参考にしてくださいね

では、さっそくコーディネートの

ポイントをお伝えしていきます。

今回は、レトロ古典の振袖のコーディネート

ポイントを解説していきます!

そもそも「レトロ古典」って?

「レトロ古典」ってどんな感じのこと?

と思われている方のために、

まずは、「レトロ古典」についてお話ししますね。

古典と聞くと、昔というイメージをされる方が

多いのではないかと思います。

「レトロ古典」はそんな昔の古き良き伝統

イマドキっぽさを合わせたものを言います。

レトロ古典の振袖は、

梅や桜、鞠などの古典柄

原色などの鮮やかなカラーリング

用いたりするのが特徴です。

柄も比較的大きめなものが多いです。

実際に古典柄の振袖とレトロ古典の振袖を

比べてみましょう

まずは古典柄の振袖から。

花丸紋に松や桜の柄、

疋田模様と古典柄がたくさん使われ、

また絞りも施された、純古典の振袖です。

どちらかというと、小さめの柄が多い印象ですね。

続いて、レトロ古典の振袖を

見てみましょう

鞠や桜、梅の柄が大きく描かれていますね。

色使いもカラフルでポップで鮮やかです

古典柄の振袖とレトロ古典の振袖の

違いは分かりましたか?

では、次からコーディネートのポイントを

みていきましょう

レトロ古典振袖のコーディネートのポイント

レトロ古典振袖の特徴は、

先述したように、古典柄に鮮やかな色使いです。

そんなレトロ古典振袖には、

カラフルな小物を合わせるのがポイントです。

小物の色もすべて同じではなく、

一つ一つ変えると、

よりレトロな雰囲気が出せます

また、色だけでなく、半衿や重ね衿は

柄にもこだわってみるのもいいですよ。

レトロ古典の振袖は、

ストライプやドットなどの

モダン柄との相性もばっちりです

では、まずはこちらの振袖を参考に、

コーディネートのポイントをお伝えしていきますね

椿の柄に黒と黄緑が鮮やかな振袖

他にも紫やブルーなど、古典柄の

振袖では珍しい配色がなされています。

帯揚げのブルーと帯締めのオレンジ

一方だけが浮かないように、

色のトーンを合わせることでまとまりが生まれます。

振袖にあまり多く使われていない色を

持ってくることで、アクセントカラーのような

役割になっています

半衿は定番のお花の刺繍のものではなく、

ストライプのものにして、

古典柄をイマドキにしています

古典柄の振袖ではモダン柄のものを

合わせるのは中々難しいですが、

レトロ古典の振袖だと上手く馴染むので、

お好みに合わせてコーディネートしてみてください

次は別の振袖を見てみましょう

桜や梅の花に、カラフルな市松模様が

印象的な振袖

衿元は市松模様がカラフルなので、

色味を抑えてすっきりさせるのがポイント。

特徴のある半衿や重ね衿を入れてしまうと、

余計にごちゃごちゃして見えてしまいます。

色味は抑えていますが、モノトーンの

ドットがさりげなくおしゃれですよね

シンプルすぎるのは嫌だな~という方は、

このようなモノトーンで柄を入れてみると、

コーディネートの邪魔もせず、

キレイにまとまります

カラフルな振袖は、小物の色を

何色にしたらいいのか難しいですよね

振袖に使われている色と同じ色を使うのが

失敗のない選び方なのですが、

それだと馴染みすぎて、

コーディネートにメリハリが出ません

そんなときは振袖に使われている色に対する、

彩度の高低でメリハリをつけましょう

振袖の全体的な色味が薄めなら彩度を高く

濃いめなら低くしましょう。

そうすることで、まとまりもあり、

メリハリもきちんと出ます

このコーディネートでは、

帯締め・帯揚げの色に

黄色水色の振袖に使われている2色を

使用していますが、どちらも

振袖に使われている色より彩度が

高いのが分かりますか?

色の彩度が変わるだけなので、

全体のコーディネートとしての違和感もなく、

メリハリも出ていますよね

まとめ

以上がレトロ古典の振袖の

コーディネートのポイントになります。

あくまでもコーディネートのポイントなので、

こう合わせるのが正解というわけではありません。

自分のお好みに合わせてコーディネートを

楽しんでくださいね

コーディネートで迷ったときは、

今回紹介したポイントを

思い出していただけると嬉しいです

それでは最後に、今回お伝えした、レトロ古典の振袖の

コーディネートのポイントについてまとめておきます

\レトロ古典の振袖のコーディネートのポイント/

・カラフルな小物を合わせる。(モダン柄の小物を合わせるのもあり!)

・振袖に使われている色の中でも、あまり多く使われていない色をアクセントカラーに。

・アクセントカラーは色のトーンを合わせる。

・カラフルな振袖は振袖に使われている色から小物の色を選ぶ。

・振袖に使われている色から小物の色を選ぶときは、振袖の色が薄めの色なら彩度を高く、濃い色なら彩度を低くする。


いかがでしたか?

レトロ古典の振袖を着たいなと

お考えの方はぜひ、ご参考にしてくださいね


▼現在開催中のイベントはこちら!


▼プランをみる

 レンタル    購入    ママ振袖 

▼振袖をみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

振袖レンタル・販売取扱店舗一覧

大阪の振袖屋「本きもの松葉」では振袖レンタル・販売にご対応しております。各店舗をエリアごとに紹介します。

※クリックで振袖取扱店舗詳細ページが開きます。
レンタル振袖・振袖の購入を考えている方はお気軽にお近くの店舗または下のボタンからお問い合わせ下さい。