振袖コーディネートのポイント!- 色の組み合わせでかわいい振袖コーデをつくる -

成人式で振袖を初めて着るという女の子がほとんどだと思います。

一生に一度の成人式で着る振袖は、絶対に失敗したくないですよね。

でも、洋服と違って、振袖は普段から気軽に着るようなものでもないし、

着たらどんな雰囲気になるのか、わからないことがたくさんありますよね。

振袖を見に行って、いざコーディネートとなったときに、

どういう風に選んだらいいのか不安があるかと思います。

そこで今回は、実際に振袖を選ぶときの

コーディネートのポイントをお伝えいたします

コーディネートのポイントは挙げだすとたくさんあるので、

今回は色の合わせ方にしぼってお伝えしていきますね

振袖のコーディネートに必要な小物は?

コーディネートのポイントをお伝えする前に、

振袖のコーディネートにはどんな小物が

必要なのか確認していきましょう

 

半衿…刺繍が施された華やかなものが主流。白地が多いのですが、赤や黄色、ピンクなどカラフルなものもあります。一番お顔に近い部分なので、お顔映りが良く見えるよう、華やかなものを選ぶのがおすすめです。

重ね衿…着物を重ねて着ているように見せるアイテム。単色のシンプルなものから、パールやラインストーンのついたモダンなものまで様々な種類があります。

帯揚げ…着物と帯の間に結び、着物の脇から胸にかけて華やかに飾るアイテム。総絞りのものが一般的ですが、アレンジのしやすい平織タイプのものも人気です。

帯締め…帯の上に結ぶことから、見た目のアクセントになります。パールやつまみ細工といった華やかな飾りのついたものがたくさんあるので、自分のお好みものを選んでください。

髪飾り…小さい飾りをたくさん使って可愛くしたり、大きい飾りで豪華さを演出したりと、自分のこだわりを存分に出せるところ。ヘアスタイルとのバランスも考えながら選びましょう。

草履…実際に見える部分は多くないのですが、おしゃれは足元からというように、大事なアイテムです。小柄な方やスタイルアップを狙いたい方には、高さのある草履がおすすめです。

実際にコーディネートをしていくうえでは、

重ね衿・帯揚げ・帯締め

色の合わせ方を工夫するのが、ポイントです

なので、重ね衿・帯揚げ・帯締めの

3つの色の合わせ方を見ていきましょう

同じ色で揃えて統一感アップ

重ね衿・帯揚げ・帯締めの3つを

同じ赤色で揃えています。

同じ色で組み合わせることで、

コーディネートに統一感が生まれ、

全体がまとまって見えます

一色だけ色を変えて差し色に

重ね衿と帯揚げは同じ色で、帯締めだけ

違う色にしています。

同じ色があることで、まとまりもあり、

違う色で差し色の効果もあります

全部違う色でおしゃれに

重ね衿・帯揚げ・帯締め3つとも

違う色で合わせています。

「全部違う色を合わせるとコーディネートが

ごちゃごちゃして見えないかな?」

と思われる方も多いかと思います。

「振袖のコーディネートは足し算」

とよく言われるのですが、

そう言われるように、色を足しても大丈夫なんです

そもそも振袖そのものにたくさんの色が

使われているので、色を足しても

キレイにまとまります。

ただ、パステルピンクのかわいい振袖に

黒色のクールな小物といったような、

明らかに雰囲気の異なる合わせ方は、

振袖の雰囲気を損なってしまうので、

あまりおすすめではないです。

どういう色を合わせたらいいの?

これまでは全部同じ色で合わせる、

一色だけ色を変えるなど、

色の組み合わせ方を見てきましたが、

そもそもどういう色を

選べばいいのか悩みますよね。

そこで、最後に色の選び方についてお伝えいたしますね

振袖に入っている色から選ぶ

一番失敗のない選び方は、

振袖に入っている色の中から

小物の色を選ぶことです。

こちらのコーディネートでは、

重ね衿・帯揚げ・帯締めすべて違う色ですが、

重ね衿はオレンジ、帯揚げは、帯締めは

とすべて振袖に入っている色を使っています。

すべて違う色ですが、振袖に入っている色を

使うことで、コーディネートがまとまります

振袖にない色を使うときは色のトーンを合わせる

「振袖に入っている色を使うとまとまるのは

分かったけど、好きな色を使いたい」、

「コーディネートで差をつけたい」など

お考えの方もいらっしゃるかと思います。

そんなときは

色のトーン(色調)を合わせる

振袖にない色を使っても違和感のない

コーディネートになります

ペールトーンやダークトーンといった形で、

暗い青と合わせるなら同じく暗めの色、

薄い黄色と合わせるなら同じく薄い色、

で合わせると違う色を使っても

コーディネートがキレイにまとまります。

それでは、実際にコーディネートを見ていきましょう

こちらのコーディネートでは、帯締めのブルー

振袖にない色なのですが、振袖にある

、帯揚げの黒などと

色のトーンが合っており、

コーディネートに差し色として

溶け込んでいます。

例えば、同じブルー系でも

薄い水色だと、色のトーンが

合っていないので、帯締めだけが

浮いてしまいます。


いかがでしたでしょうか?

これから振袖を選ばれる方はもちろん、

お手持ちの振袖を着ようとお考えの方も

ぜひ、参考にしてください

今回お伝えしたのはあくまでも

コーディネートのポイントであって、

正解ではないので、

みなさんご自分の思い思いの

振袖コーディネートを

楽しんでくださいね

この記事を読んで、

「実際に振袖コーディネートをしてみたい!」

と思われた方は、下記より

ご試着・ご来店の予約ができます


▼現在開催中のイベントはこちら!


▼プランをみる

 レンタル    購入    ママ振袖 

▼振袖をみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

振袖レンタル・販売取扱店舗一覧

大阪の振袖屋「本きもの松葉」では振袖レンタル・販売にご対応しております。各店舗をエリアごとに紹介します。

※クリックで振袖取扱店舗詳細ページが開きます。
レンタル振袖・振袖の購入を考えている方はお気軽にお近くの店舗または下のボタンからお問い合わせ下さい。